あなたの奥さんもらいます ネタバレ 感想 無料 【夜中にその声で目が覚めた】

あなたの奥さんもらいます ネタバレ 感想 無料




こんばんは。けいこです。


このマンガに登場する夫婦は結婚3年目。

わたしと一緒だ…


夫婦仲良しなのは一緒だけど、

こんな刺激的なこと、わたしはしないなぁ…(ρω< )⌒☆



でも、いろいろ… 妄想しながら読んでます。








とある地方の山村で…


  あ…

    あぁ

     はぁ
        ・・・



夜中、崇郎はその声で目を覚ましました。




ベランダに出ると、

隣に引っ越してきた夫婦が

ベランダで激しく交わっていました。



  はー はー

 はぁ あ・・・

     中に出すよ?

    はっ  はっ

          はぁっ

     出すぞっ

           あああっ





崇郎は一部始終見ていました。




夫妻が住む家や崇郎の住む家の大家は
近所では拡声器と呼ばれていて
大家に話したことは、
その辺一帯にクラス人々にすぐ伝わります。



だから、崇郎も

夫婦がそこに引っ越してくる前は

東京に住んでいたことも、

夫の転勤でその田舎に引っ越してきたこと

結婚3年目であること

妻の葵は崇郎の2つ上 27歳であることも

知っていました。





その日、大家が崇郎に依頼した仕事は

葵の住む家の修理でした。




修理の途中で大家は帰ってしまったので

家には崇郎と葵は

二人きりになってしまいました。



不愛想な葵…




崇郎は『納涼祭』のチラシを渡し、

葵を誘おうとしたところに

夫の祐輔が帰宅しました。




“あれ? 君はたしかお隣の…”

祐輔は崇郎をまじまじと見つめます。





“お邪魔しました~”

崇郎はそそくさと帰っていきます。





“昨日のセックス

 見られてたかもな”




その日の夜、葵から崇郎に電話がありました。



“隣の立花です…

 納涼祭に…

  せっかくなので…

    それじゃあ…”




    ずぐっ ずっ

       ずぷっ




葵は、

夫の祐輔に後ろから攻められながら

電話を切りました。






この続きは、
まんが王国で読むことができますよ♪


まんが王国は、会員登録不要で
無料試し読みすることができるので
是非読んでみてください。


無料でかなり長く読めるのでお得です。


こんなに長く無料で読めるのは
まんが王国だけなのでオススメです♪


是非無料で読んでみてくださいね!






あなたの奥さんもらいます”で検索してくださいね☆




































この記事へのコメント